« W杯2018セネガル戦 | トップページ | W杯2018ベルギー戦 »

2018年7月 1日 (日)

W杯2018ポーランド戦

日本、決勝トーナメント進出決定

ポーランド戦には敗れてしまいましたが、フェアプレーポイントの

差でセネガルを上回り、決勝トーナメント進出を決めました

最初に2戦から先発メンバーを6人交代して臨んだ試合でしたが、

なかなかチャンスを作れなかったですね

先制を許したときは、コロンビアとセネガルが同点だったので、

あ~ぁ、このまま終わりだなと正直思いました

ところが、その後コロンビアが1点取ってくれたじゃないですか

そしてあのボール回しになりました

賛否両論ありますが、あくまでも私個人の意見としては賛成です

なぜなら、日本はグループリーグを突破するために大会直前で監督を

交代させたんです

だとしたら、何としても、どんな手を使ってでも突破しないとダメなんです

もし攻撃を続けていて、逆襲されて2点目を与えてたら終わってました

ドーハの悲劇を教訓にしてないと思ったかもしれません

逆に、あのまま時間稼ぎをしている間にセネガルが同点に追いついて

いたら、日本は大バッシングだったでしょうけど

要は結果が全てなんです

この決勝トーナメント進出という結果が大切なんです

これが正しかったということを証明するためにも今後が大切です

試合を見ていた人は私も含めてつまらなかったけど、日本の試合より

セネガルの結果が気になっちゃったけど、この判断を尊重したいです

女子サッカーでも佐々木監督時代や高桑監督時代にやりましたね

そして両方とも好成績を残したから、認められましたよね

今の日本代表にもそうなってほしいです

|

« W杯2018セネガル戦 | トップページ | W杯2018ベルギー戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。